ワールドシャウラでライトショアジギング【ワールドシャウラBG 2953R-3】 インプレ

どうも青後です。

単刀直入に言ってワールドシャウラ大好きアングラーです。

だからシャウラで鰤釣りたいっす!

真っ赤なベンディングカーブでいなしてやりたいっす!

すいません。

ワールドシャウラ2953R-3の新旧のインプレをしたいと思います。

今回はBGモデルの紹介になります。

結論から言いますとこの2本は違った性格の竿になっています。

目次

  1. 購入した理由
  2. デザイン
  3. スペック
  4. 使用感
  5. 評価

購入した理由

購入した動機は沖堤防やテトラでのショアジギロッドを探していたのがきっかけです。

近海ですのでガチのショアジギロッドではなくフラットフィッシュやシーバスにも流用できるロッド。

ショアジギロッドだとグリップが長くてゴツいのでシーバスやフラットフィッシュには重たく取り回しが悪い。

シーバスロッドだと硬めを選んでも投げれるルアーウェイトに不足を感じるところがある。

ワールドシャウラはルアー表記の倍は投げれるというのは聞いたことがある。

2953はジグは60gまでプラグは50g。倍とすれば120g…は投げないが80gまでを投げられれば言うことないです。

ちょうど買おうかなと思っていた時にBGモデルが発表されました。

デザインは旧型の2953の方が好きなんですが生産終了していて、プレミア価格で16万円とかに(°▽°)。。。。

BGはデザインは奇抜すぎてちょっとシャイな僕には引け目を感じるwって思っていたんですが搭載されている技術が最新だしそもそも旧型買えないし。

ということでBGモデルを購入しました。

デザイン

スーパーレッド【全身】

BGの第一印象はとにかく赤いね。

でもかっこいいね。

購入を検討中の方この辺りが不安ではないですか?

恥ずかしなと思ってましたが現物を見たらそうでもない。

暗いところでは落ち着いた赤。この時に見えるくらいの赤具合がちょうど美しいです。

太陽の元ではオレンジに近くなるくらい赤い。

安っぽい赤ではなく綺麗ですが目立つのには変わりなです(笑)

残念なのがブランクスのロゴ表示にワールシャウラの横のBGという書体がダサいですね。

消せるな消したいくらいです。

EVAグリップ

ワールドシャウラはコルクグリップでしょと思った方多いのでは。

EVAグリップこれもこれで悪くないです。

握りごことも悪くなく。

ただ使い込むとテカルだろうと思います。

コルクグリップなら汚れもオールド感が出てアジになるんですよね。

やっぱりコルクグリップの方がいいですね。

リールシート

ここのデザインは握りやすさのことを村田さんが考えて作られたみたいですが、

赤具合も美しく握り心地もとてもいいですね。

スペック

  • ●品番: 2953R-3
  • ●全長(m): 2.90
  • ●継数(本): 3
  • ●仕舞寸法(cm): 130
  • ●自重(g): 未定
  • ●先径(mm): 1.8
  • ●適合ルアーウェイト(g): MAX50
  • ●適合ジグウェイト(g): 20~60
  • ●適合ラインナイロン(lb): 12~30
  • ●適合ラインPE(号): MAX3
  • ●最大ドラグ: MAX3kg/45°
  • ●グリップ長(mm): 362
  • ●テーパー: R
  • ●カーボン含有率(%): 98.6

旧型比べてスパイラルXからスパイラルxコアに変更されましたね。

その分なのか自重が215gから245gに重たくなっています。

あと継ぎ目がスクリューロックジョイントが採用されています。

変化点はそれくらいですかね。

使用感

触ってみた感触

かなりもっちりしています。

悪く言えばぐにゃぐにゃでダルい。

すごく粘り強いんだろうなって感じの印象ですね。

このもっちり感が重たくなった原因ですかね。

ティップからベリーにかけてかなり柔らかいです。

シーバスや青物のプラッキングにはよさそうですね。

ジグをしゃくるのは全然向いてないでしょうね。

ですがバイトを弾きにくかったりエラ洗い対策にもなりそうです。

グリップは長すぎず短すぎず。

身長172センチなんですが脇に挟み込んでロッドをしゃくることもできます。

飛距離

よく飛びます。

ベリーまでしなやかに曲がるので振りかぶってキャストしなくても軽くティップで投げただけでぶっ飛びます。

後ろに壁やテトラのあるようなスペースの取れない場所では有利でしょう。

あとグリップが太いので自分としては力が入りやすく投げやすかったです。

サーフロッドを使用したことないですが10フィートのショアジギロッドと大差ない飛距離だと思います。

ルアーの操作感

さすがワールドシャウラですね。

ルアーの使い心地は満点と言っても過言ではないです。

使っていて非常に気持ちいい。これぞルアーロッドって感じです。

人によっては昔っぽい竿だと感じるかもしれませんが自分はこういう釣り竿が好きです。

ただショアジギには向いてないです。

40gのジグはしゃくれなくないですがシャクルとティップが入りすぎてくにゃくにゃします。

個人的に感動したのはトップウォータープラグがとても使いやすいです。

マニックフィッシュ99を動かすのはこの竿が一番上手に動かせましたね。

魚の掛けたときの印象

メジロやハマチをかけたんですが、竿がとにかく美しく曲がります。

思わず心の中で叫びたくなるくらい綺麗な曲がりとスーパレッドです。

青物を相手にすると太いグリップが力強く安心感を与えてくれます。

メジロくらいならまだ余力を感じました。堤防ならブリも全然大丈夫だと思います。

評価

個人的にショアジギングという用途が大半を占めているのでジグ操作にはかなりのマイナスですが

最近流行りのショアプラッキングやサーフやシーバス、ロックフィッシュまたアカメなどには素晴らしい竿ではないでしょうか。

BG2953の良かった点

  • プラグの操作が気持ちいい
  • 全身赤が意外と美しい
  • グリップが太く力を入れやすい。
  • デメリットにまなりますが柔らかいティップ
  • 飛距離が出る
  • 粘り強い

BG2953の悪かった点

  • メタルジグがしゃくりづらい
  • ブランクスの『BG』のロゴがダサい
  • できればコルクグリップに

自分としてはジグの操作が結構致命的だったんでこの竿を手放して旧2953に買い替えました。

ワールドシャウラでライトショアジギング シマノ【旧 ワールドシャウラ2953R-3】のインプレ

自分は買い替えたのですがB G版はプラグを扱うには100点満点な竿だと思います。

(5)シマノ 20 ワールドシャウラ BG 2953R-3 (スピニングモデル/2020年モデル) /ロッド/釣り竿/ビッグゲーム/ショアジギング/村田基

価格:49,269円
(2022/1/28 21:53時点)

BG2953をよりシーバスに向きのより繊細なティップのBG 2952も発売されたみたいです。

ちょっとお金に余裕ができたら触ってみたいです。

(5)シマノ 20 ワールドシャウラ BG 2952R-3 (2021年追加モデル) スピニングモデル/フリースタイル

価格:48,499円
(2022/1/28 21:56時点)

ライトじゃなく本格的なショアジギをするなら21055ですね。

ワールドシャウラのショアジギングロッド ワールドシャウラBG 21055R-3 インプレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA