シーバスに最適? ワールドシャウラBG 2952R -3 インプレ

どうも子育てアングラーです。

随分久しぶりの投稿になりました。

色々とバタバタして忙しかったのと夏バテもあり投稿がご無沙汰になっておりました。

今日は久々にワールドシャウラ2952R−3を新調いたしましたのでインプレしたいと思います。

  • なぜワールドシャウラBG2952を購入したのか?
  • どんな竿?
    • スペック
    • 第一印象
  • キャストフィール
  • 操作感
  • まとめ

なぜワールドシャウラBG 2952を購入したのか?

なぜ2952が欲しくなったのか?というところから。

僕は今シーバスフィッシングをするとき2832もしくは旧ワーシャの2953でやっておりました。

2832でも十分にこなせているのですが、欲を言えば「もう少し長いロッドが欲しい」「シーバスに有効でティップが入る食い込みのいい竿が欲しい」と。

2953では張りが強すぎてシーバスにはかなりオーバーパワー気味。すぐにシーバスを寄せてこれるのでこっちはブリショア向き。

両方とも春にやるにも秋にやるにシーバスには強すぎる。

現在の僕の釣りのほとんどはシーバスになっているのでワールドシャウラの中では食い込みのいい番手で。

春は2831と秋は2952くらいがベストなんではと思えてきたわけで。

そんな中でワールドシャウラBGシリーズで2953のワンパワー落としたモデル2952が欲しくなりました。

下調べしたところ2952はとてもティップが繊細らしくシーバスをバラさないという点ではかならマッチしているみたい。

どんな竿?

スペック

まずは2952のスペック

〜〜すでにラインナップしている2953R-3のライトバージョン。「60~80cmのシーバスでは3パワーは強すぎる」というアングラーのためのロングロッドの2パワーです。シーバス、ヒラメ、青物狙いで、河口、サーフ、堤防、磯など、幅広いフィールドで活躍。もちろん、北海道日本海側の海アメ、海サクラ、海イトウにも対応します。

  • 全長(m):2.90
  • 継数(本):3
  • 仕舞寸法(cm):130.0
  • 先径(mm):1.6
  • 適合ルアーウェイト(g):MAX40
  • 適合ジグウェイト(g):15~40
  • 適合ラインナイロン(lb):10~25
  • 適合ラインPE(号):MAX2
  • 最大ドラグ:MAX2.5kg/45度
  • グリップ長(mm):350
  • テーパー:R

〜〜

第一印象

BGモデルの2953を以前は使用しておりましたが、BGモデルはオリジナルのワーシャと比べて竿の調子はかなりモッチリしており使う人によっては好き嫌いが大きく分かれると思います。

部屋で触ってみての感想ですが2953でもかなり柔らかいティップだったので2952はどんだけ柔らかいんだろうと期待半分、不安半分でしたが部屋で触ってみた限りかなり柔らかいんだけど想像してたよりは張りがあってやっぱり大物を狙う竿だなぁw

できればバチ抜けに使う軽くて引き抵抗のないルアーも扱えたらいいなと思っておりましたがそこまでの繊細さもないかなっていうのが部屋で触ってみての印象ですが、外で実際にルアーを投げてみると印象は変わります。

ティップは繊細ですがベリーからバッドにかけては強靭で2953のままバッドだと思います。

ティップでルアー操作は繊細に、大きな魚をかけても強烈なバッドがあるから安心感があるというそれぞれ別々の役割を持たせたなんとも不思議で個性的な竿です。

ロッドのデザインは2953とまんま同じでスーパーレッド。

違いは2952の方がグリップが15mm短く、ティップが0.2mm細くなっているらしい。

この全身赤のブランクスは村田基さんは太陽の光にあたってみると素晴らしく美しいと言われてましたが僕は赤すぎて昼に見るスーパーレッドはあまり好きではないです。

ただ夜にみるスーパーレッドは闇に映える深みのある赤でとても渋く美しいです。

本当に夜に見るとかっこいいです。

次にちょっとガッカリだったのがグリップです。購入前にグリップが太すぎるというコメントをSNSでよく見かけていたのですがこれはまさにその通りで太すぎます。

購入を考えてる方一度握ってから購入を考えた方がいいです。

ワールドシャウラのBG(BIG GAME)で大きい魚を相手にするから太いのはわかりますが、この2952に関しては繊細方向の竿なのだから細くしてもらえれば完璧だったと思います。

繊細なシーバスゲームでやるならグリップが太すぎて疲れると思います。

キャストフィール

これはもうとても気持ちいいです。

自分が触ってきたワールドシャウラの中で1番と言っていいほど素晴らしいです。

それで飛距離も半端なく飛びます!

竿全体も曲がるように作られているのでしっかり曲げて飛ばせれるのでぶっ飛びます。またワーシャといえば大口径ガイドでこれも飛距離アップに貢献してくれています。

2831や2832は普通の8ftロッドより飛ぶのはわかってましたが、なんなら普通の9ftロッドとほぼ変わらないんじゃないかと思っておりましたが2952と投げ比べてみたんですがどのルアーを投げても大体2952の方が5mからよく飛ぶものでは10mほど飛んでいるのが実感です。

2952はティップがしなやかなのでフルキャストしなくても60%の力でもよく飛ばせます。

ルアーのウェイトなんですが、下は8gのブローウィン80sを投げたのですが若干軽いかなってところはありますがこのくらいまでのキャストは普通にできました。もしかすればpeライン0.8号にしたらノガレやフィールなど軽いバチ抜けルアーも扱えるかもしれません。

上はガボッツ150やカゲロウ155fを投げましたが竿が負けてる感じもなく快適に扱えました。

印象としてはプラグなら50gジグなら60gくらいまでなら竿に負担がかからないキャストを行えば投げれるんではないかなと思います。

操作感

操作感は巻物はとても使いやすいです。

バイブやミノーを巻いた時のブルブル感はとても心地よく手元に伝わってきます。

流行りのブローウィンジャークも若干ティップが入ってしまう感はあるのですがベリー部から張りがあるのでそこでブローウィンを飛ばすこともできます。

シンキングペンシルのドリフトの釣りもはらず緩めずのテンションでもルアーの存在感を感じることができ扱いやすいです。

ただ潮の圧を感じる感度はそれほどいいとは思いません。

竿がもっちりしているので潮目を探すという点ではエクスセンスの方が上だと思います。

ペンシルベイトのように竿を立ててアクションする釣りはグリップも太いし竿が重いのでとても疲れてしまうのでやりにくいと思います。

そういう場合はエンドグリップを脇に挟んだ状態でアクションさせると疲れにくいので僕はそんなやり方でやっています。

メタルジグはbg2953と同様にティップが柔らかくジグを飛ばしながらシャクルのは向いておらず、ナイトゲームのように繊細な巻きの釣りに向いた竿だと思います。

まとめ

ワールドシャウラBG 2952のインプレをしましたが、このモデルはかなりシーバスに寄せている竿になると思います。

ただグリップの太さだけが気になるのは正直なところ。

ランカーシーバスだけを狙いに行くような釣りの場合このグリップの太さは活きてくるでしょうけどそれ以下の魚を釣る場合はちょっと大袈裟だと思います。

これで細いグリップだったらとてもいい竿でもっと売れていたんだろうなと思います。

それでも自分は手のひらが大きいわけでもないですが苦になるほどでもなく使えております。

本当にグリップ以外の点においては自分的には素晴らしいシーバスロッドだと思います。

一般受けはしないところはあると思いますが僕は好きな竿です。

  • ティップがしなやかでとても操作がしやすい
  • キャストフィールが気持ち良く飛距離はワールドシャウラの中でもトップクラス
  • 短所でもあるがグリップが太くて大物とのファイトも安心できる
  • ティップがしなやかで食い込みがよくシーバスをバラシにくい
  • 夜に見る全身スーパーレッドは超カッコいい!
  • オリジナルのワールドシャウラより価格が少し安い

2952は2831を初めて触った時の印象とよく似ています。

2831も元々2832がシーバスには強すぎるということで食い込みのいいしなやかなティップにしたように、2953を食い込みよくした感じなのが2952といった感じです。

2831も2832と第一印象は変わらないなという印象ですが実際に釣りをしてみると穂先のしなやかさを感じるように2952も一見2953とほぼ変わらないと思いますが実際に使ってみるとかなりマイルドになっていると感じると思います。

ワールドシャウラでシーバスをやりたいと思う方は2952もしくは2831はオススメです。

もちろんそれ以外にもたくさんの釣りも楽しめますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA