安くて優秀なメタルバイブ メガバス ONIMARU -鬼丸- インプレ

どうも子育てアングラーです。

今日のインプレはメタルバイブレーションです。

僕はメタルバイブは嫌いな部類でした。

それは巻き心地が強くて心地よくなく釣れる気がしなかったルアーが多かったからです。

そんな中でメタルバイブが好きになれたルアーが「コアマンのアイアンプレート」でした。

巻き心地が軽くてルアーのサイズも大きくなくとても使いやすくよく釣れるルアーでした。

よく釣れる定番のメタルバイブ コアマン IP−13 インプレ

HI & LOW両極端なバイブ コアマンIP-25HL アイアンプレート インプレ

長年アイアンプレート一本でやってきたのですがそれを越えるかもしれないと思うほど優秀なメタルバイブが登場しました。

メガバスから出たONIMARU -鬼丸-です。

  • どんなルアー
  • 使用感
    • 飛距離
    • アクション
    • スイベルによって魚はバレない?
    • 使い方
  • まとめ

どんなルアー

メガバスからリリースされたメタルバイブレーションです。

メガバスからはスパローというメタルバイブがあったのですがスパローは廃盤になり鬼丸に進化したようです。

<<メガバスHPより>>

スパローも価格が安くて良かったのですが、この鬼丸も値段も販売価格が900円前後ととてもお財布に優しいです。

さすがメガバスのルアーデザインはかっこいい!

スパローと金型が同じなのか形はそのままの感じもしますね。

でも断然鬼丸がかっこいいです。

第一印象は映画『ホビット』に出てくる竜のスマウグ!!

カッコイイ!!

Amazonより引用

似てませんかねw

とにかく名前の通り顔つきもイカつくカッコイイ (°▽°)

重さのラインナップは 8g 12g 20g 30gの4種類です。

8gというのが僕の中では新鮮です。

超シャローの干潟のシーバスや黒鯛に良さそうですね。

シーバスで使うなら基本的に12gで深場の場所では20g使うかな。

堤防の青物なら30gを多様しそうです。

特徴的で今回の売りはおそらくフロントフックの接合部が『スイベル化』されたところだと思います。

正直、青物には強度的に大丈夫かと思う作りですが説明文からも青物は視野に入っているので大丈夫なんでしょう。

メタルバイブレーションといえば最もバラシの多いルアーです。

刺さり込みが浅く可動域の少ないトレブルフックだとメタルバイブの重量の重さからテコの原理で外れやすい。

そこでスイベル化することによってバラシを軽減させたとのこと。

理屈的にバラシは確かに減りそうな気がしますが、こんなことすぐに思いつきそうなアイデアなのに今更・・・

非常に失礼な言い方ですが・・・

でもバラシが減るならとてもメリットがあることですよね。

使用感

飛距離

メタルバイブレーションだから当前よく飛びます。

飛行姿勢がとても良くルアーが回転したりぶれたりせずそのままの姿勢を保ちながらぶっ飛んでいってくれます。

キャストが気持ちよくストレスがないです。

シングルフック化されたアイアンプレートも飛行姿勢が良いのですが、それに匹敵するまではいかないものの鬼丸もとても素晴らしくキャストしていてとても気持ちがいいです。

飛距離もアイアンプレートの13gと鬼丸の12gを比較したところ重さの違いはあるにせよほぼ変わりません。

鬼丸くんやりますね。

アクション

アクションも鬼丸というからに暴れん坊かな?と思いますが名前とは似つかわなくおとなしいです。

アイアンプレートも巻き心地が控えめなんですが僕の印象ですがそれより大人しめな印象でした。

アイアンプレートと交互に巻き比べをしたんですが明らかに大人しい印象でした。

ボディーが全体的に薄いせいか?

そのせいかどちらかというとシーバスに向いているメタルバイブなんじゃないかなと思いました。

この巻き比べして僕の中で「鬼丸」はアリなんじゃないかと思いました。

正直、値段が安いのでメガバスといえどアイアンプレートには及ばず普通のメタルバイブにスイベル化しただけだろ?という印象でしたがその第一印象も覆りました。

アクションがとても好きでした。

巻き抵抗が小さいということはルアーの水中姿勢が立ち気味ではなく水平姿勢だということ。

実際に泳いでる姿勢を見てみても水平姿勢なんです。

水平姿勢であるメリットはシーバスに見切られにくいということ。

さすがメガバス!!

スイベル化だけでなく飛行姿勢、水中姿勢、巻き心地、ルアーデザインなどしっかりおさえるところおさえています。

初めは12gを1個だけしか買っていなかったんですがもうこの時点で追加購入しようと考えが変わっていましたw

スイベル化によって魚は本当にバレない?

これはまだそんな魚を釣っていないので結論づけることは言えないのですが2匹釣って2匹ともバレておらずです。

印象としてはスイベル化の効果は予想以上というか予想以上にあると思います。

これに関しては今後このブログで更新していきたいと思います。

青物のファイトもにもスイベルは耐えれるのかなども含め。

使い方

使い方は普通のメタルバイブと変わらないです。

一般的なメタルバイブの使い方でいいと思います。

他のメタルバイブでできなくて鬼丸でできるというところは特に何と思います。

敢えて言うなら抵抗が小さい分早く巻けるかなというとこですがそれも微々たるもんです。

アイアンプレートはシングルフックなので牡蠣瀬なども果敢に攻めることが唯一できたのですが。

鬼丸は価格が安いからそういう意味では思い切って攻めれたりもするかも(๑>◡<๑)

まとめ

自分の中でこれからメタルバイブの1軍は鬼丸にしようと思いました。

一番の要因は価格ですね。

やっぱり安いというところが良いですね。

というかアイアンプレートが高すぎるんです。

アイアンプレート買うなら鬼丸を大体2個買えますからね。

でも今回使ってみて同じ値段でも鬼丸にするかもとも思いました。

やっぱり巻き心地がよく軽いというのは本当に自分好みで僕の中でメタルバイブの釣れるアクションなんですよね。

あとデザインの面でも鬼丸の方がいいですね。

まとめると

  • 価格がとにかく安い
  • 飛距離もよく飛行姿勢がいい
  • 確かにエビりにくい
  • 引き抵抗が軽く巻き心地がいい
  • 水平姿勢で泳ぐ
  • デザインがカッコイイ
  • フロントフックがスイベルで接合されているためバラシが減る

とまあたくさんメリットのある鬼丸です。

正直、全然期待していなかったメタルバイブだったんですが、恐ろしく優秀なバイブだったんでビックリしました。自分の中で不動のメタルバイブだったアイアンプレートも凌ぐ勢いです。

結局とても気に入ってしまったので3個さらに追加購入しました。

3個で2700円ほど。

アイアンプレートなら3個買えば4700円くらい。

小遣い制サラリーマンの僕には鬼丸です。

内容も充実してるならなおのこと。

みなさんも一度お試しあれ!!

子育てアングラーでした。

それではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA